ネットワークビジネス!仕組み、イメージ・評判、将来性が気になる方へ

人脈もなく、上手く説明ができなくて、ダウンが成約できないあなたへ

はじめに

「ネットワークビジネスの〇〇に勧誘された!?ネットワークビジネスって何?」「ネットワークビジネスに興味があるけど、本当に大丈夫…??」「ネズミだ、マルチだと言われて落ち込むけれど、どこが違うの?同じなの?」

ネットワークビジネスについて知りたいと思うとき、事情はいろいろでしょうが、このビジネスに関わるにしろ、関わらないにしろ、世間の偏見に流されることなくシッカリと理解しておくことは大切です。

関わっていきたい場合は、特にしっかりと理解しておきましよう。しっかり理解をしておくと、同じ落ち込んでもダメージが軽くて済みます。

また、あまり問題にされませんが、このネットワークビジネスの秘めている可能性、将来性についても知っておけばやる気に確信をプラスすることになります。

ネットワークビジネスとは!?そして、その現状について

Wikipediaによると、

ネットワークビジネスとは、次のいずれかである。 マルチ商法・MLMなど連鎖販売取引の総称。 日本では現実としてマネービジネスの対極の概念として考えると非常に理解が容易である。 ネットワークビジネスとはいわゆる「利益」を求めての“経済活動”ではなく「仲間」を求めての“人脈活動”として機能している。】とあります。

ネットワークビジネスは、MLM(マルチ レベル マーケティング)・マルチ商法ともいわれる連鎖販売取引で、人と人のつながりによって商品の流通を発生させていくという、新しいスタイルの流通業です。「仲間」を求めての“人脈活動”として機能している、とは、このビジネスの特性を言い得ています。


ネットワークビジネスは、第二次世界大戦後にアメリカで登場した新しいビジネス形態で、現在も世界的に成長途上にあります。

世界規模でのネットワークビジネスの現状は、月刊ネットワークビジネス誌など見れば知ることができますが、世界ランキングを見るとアメリカが一位、二位が中国。その次三位が日本となっており、

中国をはじめとする、特にアジア各国でビジネス人口が増えているという現状です。

日本国内におけるネットワークマーケティング市場の規模は、約1兆円に届こうとしており、同じ売り上げ規模を持つ業界としては、

家具・インテリア業界、    
ファッションブランド業界、  
ゲーム業界、          
喫茶店業界、

などがあげられ、ネットワークマーケティング市場がとても大きな規模に成長していることが感じられます。

ネットワークビジネスの可能性、将来性について

ネットワークビジネスは、マイナスイメージのある中で、 家具・インテリア業界、ファッション・ブランド業界、ゲーム業界、喫茶店業界と並ぶ1兆円規模の市場となっています。

マイナスイメージがある中で、ここまで成長していることを考えるとイメ-ジの悪さが払しょくされれば、まだまだ伸びるであろうと思われます。

また、ネットワークビジネスであつかう商品は、サプリメントや健康食品、化粧品など、健康に関する商品や美容関係の製品が多いのですが、

取扱商品から、その可能性・将来性を考えてみると、

現在の日本では高齢化が進むなか健康志向が高まっており、こうしたサプリメントや健康食品は今後も需要が伸びるであろうと予測されます。

また、化粧品などの美容関係の製品に関しては、いつの時代でも、特に女性に求められるものなので、需要がなくなるということは考えられません。

ということで、日本のネットワークビジネスは、既に市場規模が非常に大きいことに加えて、今後も規模が拡大していくことが期待される業界だと考えられます。

口下手でうまく説明ができなくて、成約しなくて困っていませんか?

ネットワークビジネスの仕組みはどうなっている!?

ネットワークビジネスとは、商品の流通を起こしていくのに、「マルチ・レベル・マーケティング」=「M・L・M」という仕組みを用いたビジネスを言います。

小売の仕方には「店頭販売」「無店舗販売」の二つがありますが、

店頭販売」は、店舗を構えて販売しているスーパー、百貨店、ドラックストアー、コンビニなど。無店舗販売」には、訪問販売、通信販売、ネットワークビジネスなど無店舗で製品を流通させているものが入ります。

何が言いたいのかということですが、
ネットワークビジネスというと何か特別の目で見られることが多いのですが、この仕組みは、商品を流通させる方法、小売りの仕方の一つであるということを言いたいのです。

ネットワークビジネスという商品の流通形態の中では、消費者=販売者で、自分自身も販売組織の一部となります。

つまり、商品の購入者は、販売者・販売代理店となり、さらに別の人を消費者として勧誘し販売者を増やすことで、自分を頂点とするピラミッド構造を作り上げていきます。

ネットワーク企業からすれば、ビジネスメンバーが勧誘して新しい消費者をゲットすると、新しい代理店が1店舗できたということになり、膨大なコスト削減が可能な仕組みなのです。

さらに、流通経費が掛からないこと、宣伝・広告費も不要であることなどからも膨大なコスト削減ができ、その分を製品の研究開発費用にまわすことができるのです。

それが、ネットワーク企業の製品が高品質を維持している理由なのですが、高品質を維持しているからこそ製品も流通が起こりえるし、ネットワーク企業として存続することができるということです。

この仕組みによって企業展開している会社は、ランキングに現れる以外にも数千社はあると言われています。

ネットワークビジネスのイメージが悪いのはどうして!?

我が家の隣家は、ご夫婦でAm○○に従事され立派に子供さんを育て上げられ、新築もされて、最近では子供さんの一人も取り組まれているようです。

ご主人は声の大きな面倒見の良い、人柄の良い人で私としては好感を持っているのですが、

ただ、Am○○に従事しているというだけで、一言「あれはネズミだ」と毛嫌いされるご近所様もあるわけです。

「人の上まえはねて、自分の稼ぎにして悪いやっちゃ」という頭です。

こういう無理解によるイメージの悪さもありますが、
悪評の原因は、勧誘方法の根本的な間違いによるものだと大いに反省されるようになってきています。

ネットワークビジネスを始めると、普通ほとんどの人が「100人リストアップ、ABC方式」という方法をとりますし、そのように教育もされます。
しかし、よく考えるとそれがそもそもの間違い。友人、知人、親戚の人がネットワークビジネスに興味、関心を持っていますか!?

そんな興味も関心もない人を勧誘しようとするから、嫌がられるわけです。
普通に、逆の立場だったらと考えればよくわかるはずです。

一昔前の話になりますが、ある宗教を信じる人があまりにも熱心に勧めることで、彼ら、彼女らが嫌われ、疎まれた時代がありましたが、あれに似ていますよね。

勧誘されて、それが嫌な経験だとしたら、人の心は、ネットワークビジネスやその宗教そのものを疎ましく思い、嫌いになってしまいます。

ネットワークビジネスそのものは、合法なものであり、仕組みも素晴らしいものです。
しかし、それを行う人の心の持ち方や行い方が悪評のもとになっていもとるとしたら、
無理な勧誘はしない、興味ない人に勧誘しない、心して行動しなくてはなりませんね。

まとめ

まとめてみますと、ネットワークビジネスは悪評にまとわれながらも、日本の私たちの社会のなかに意外と浸透しており、その商品が多くの人に愛用されていることがわかります。

それは、やはりネットワークビジをネスであるからこその高品質を保っていることが理由の一つでもあると考えられます。

取り扱い商品も様々ありながら、多いものは健康に関するもの、美容に関するもので、社会的な需要が下がることのないもの、これから社会的にますます求められる、日常使いの消耗品であることから、将来性にも期待が持てるようでやりがいもありそうです。



口下手でも、システムが勝手に営業してくれるMLMはいかがですか?

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする